1. TOP>
  2. News>
  3. サービングボードで手軽におしゃれに

News

商品のお知らせ

サービングボードで手軽におしゃれに

2017年06月06日

olive139A4124

家庭でも一般的になってきたカッティングボード。テーブルでパンを切ったりするのに便利だし、何よりおしゃれな雰囲気が人気ですよね。最近ではあちこちで売られているのを見かけるので一枚は持っているという方も多いのでは?

一方、なんだかうまく使いこなせていない…という声もよく耳にします。そもそも「まな板」なので重くて厚さのあるものが多く、実は扱いづらい点も。今回はそんなカッティングボードの弱点をクリアしたOlive Designのサービングボードをご紹介します。

 

Olive Designのサービングボード

Olive Designのサービングボードは合板の層を活かした木目が美しく、これまでのカッティングボードにはない高級感が漂っているのが魅力です。一般的なカッティングボードよりも薄く、その分軽いのでお皿としても使いやすく、ボードの使用の幅がさらに広がります。

nkc_olive_design_17

 

ボードの使い方

一番多く聞くのは、何をのせていいかわからない、どう使えばいいかわからないという声。パーティーのオードブルがのっているようなイメージがあるので、普段はあまり出番がないと思っていませんか?実はそんなことないんです。難しいことは考えず、基本的にはお皿と同じように使えばOK。

 

まずはいつものパンと目玉焼きを四角形のワンプレートに盛り合わせてみましょう。これだけでおしゃれなモーニングプレートのできあがりです。ドレッシングがかかったサラダなどは小さなカップに入れて添えれば、汁気も気になりません。

d1

 

また、Olive Designのボードは薄く軽いのでアウトドアシーンにももってこい。普通のアウトドア用のお皿よりもゴージャスな雰囲気は今話題のグランピングにもぴったりです。

IMG_7207

 

いろんなサイズがあるので、ケーキや菓子パン、キッシュ、フルーツなどのお皿としても素敵です。大きいサイズに人数分をのせてもいいし、小さめのものに一人分ずつのせても、どちらも様になるので、来客時にも重宝しますよ。

pessert_board_02

 

 

パーティーでの使い方アイディア

そしてパーティーシーンでももちろん本領を発揮。こちらもいつものお皿代わりに使うイメージで使ってみると、いろんな料理が華やかになります。たとえばサラダ。ボードならいつもと同じように盛るだけでおしゃれに見えてしまうので不思議ですよね。

長いものには一口サイズのアペリティフや前菜の盛り合わせを、小さめのものはチーズボードとして使用すればおしゃれなビストロのよう。小さな器に入ったソースや薬味などもボードにのせると、これだけで洗練された印象になります。この使い方は簡単でおすすめですよ。

olive1-13 olive1-12

 

 

また、こちらも大人気のスキレットをのせて鍋敷き代わりに使用したり、もちろんカッティングボードとしてバゲットをのせて切っても。

olive1-3_1 olive1-2_1

 

 

 

 

…そして番外編で、お寿司をのせるなんて使い方も。

olive_139A3060

せっかくボードを持っていても使っていなければ意味がないですよね。使い勝手がよく、手軽に食卓をセンスアップさせるOlive Designのサービングボードは本当に便利なアイテム。見た目にも一癖あるボードで人とはちょっと差をつけちゃいましょう。

 

img01img01img01img01img01

    SQUARE           RECTANGLE         SQUARE MINI            PADDLE              BAGUETTE

Olive Designのブランドページはこちら