1. TOP>
  2. News>
  3. PLAYWOOD make your own furniture

News

商品のお知らせ

PLAYWOOD make your own furniture

2017年04月06日

PWまとめ画像

 

 

CREATE ORIGINAL! ―プレイウッドを使えば、オリジナル家具が簡単に。

PLAYWOOD_Youtube_001

 

材料は、ホームセンターや通販サイトでカットしてもらうから
⇒間取りやお部屋にぴったりサイズが作れる!

塗るのも簡単、塗料で塗れば
⇒インテリアにもマッチしたカラーで作れる!

レンチだけで組み立てできるから、すぐに解体してぺったんこに。
⇒アウトドアにも持って行ける!

 

DESIGN IT! ―使うのは六角レンチだけ。

PLAYWOOD_Youtube_007_2

 

1. 作りたい家具のデザインを考える

名称未設定-4

参考イラストや、写真はこちらから
PLAYWOODJAPAN
insta

2. サイズを決め、材料を選ぶ

※ご参考に、写真の製作物・デザイン例・サイズ・カット図面はダウンロードサイトにアップしてあります。
(インスタグラム「playwoodjapan」→ダウンロードサイト)

 

3. 組立・解体は六角レンチだけ

名称未設定-5

 

CHOICE THE BEST ―ベストな材料をチョイスする。

PLAYWOOD_Youtube_004

 

材料の特徴

ホームセンターをはじめ、通販でもお好きなサイズにカットしてくれる販売店が増えています。
ここでは手に入れやすい代表的な材料について説明します。

 

material_MDF_1 material_ラワン_1 material_シナ_1 material_パイン_1

【MDF】
木材を繊維にまで粉砕したのち、接着剤で固めた再生材。ネジが効きにくく、フックなどの取り付けは不可。比較的安価な材料。

【ラワン】
多くの構造材に使われており、やや白っぽいものや裏が赤みを帯びた材料もある。木肌が粗く、ザラッとした素材感が特徴。
※合板とランバーがある。

【シナ】
木目は薄く表面が滑らかできめ細かいのが特徴。少しだけ黄色味を帯びた白っぽい表面は、強い木目もなく見た目もキレイ。
※合板とランバーがある。

【パイン】
マツ科の樹木で成長が早く、リサイクル可能な木材で地球環境に優しい素材。少し黄色がかったナチュラルカラーで家具にも使われている。

 

 

material_合板 material_ランバーコア material_集成材

【合板(ベニヤ)】
薄く剥いだ木材(ベニヤ板)を、木目を縦横交互に重ねて接着してあり、割れたり折れたりしにくい強度がある。
側面の木材の層が魅力。

【ランバーコア】
芯材に比重の軽い木材、表面にベニヤ板を貼った材料。軽量かつ、強度もある。芯材も木材なのでネジも効く。合板よりも安価。

【集成材】
小さめにカットした木材を縦横に接着して板状にしてある。一枚モノの無垢板に比べ、安価で反りや割れを減らすメリットのある材料。

 

 

COLOR IT! ―好きな塗装をしよう。

shutterstock_353981471

 

簡単なオイル塗装の紹介

ハードルが高く感じる塗装は、オイル仕上げをおすすめします。ハケで塗った後に布で拭きあげたり、専用のスポンジを使うことで塗りムラがなくなります。ホームセンターで購入する木材は無塗装で、そのままだと汚れてしまいますが、自分で好きな色に塗ればオリジナリティあふれる自分だけの家具が完成します。

PLAYWOOD_Color_MDF PLAYWOOD_Color_シナ
PLAYWOOD_Color_パイン PLAYWOOD_Color_ラワン

【MDF】
カラーがつきやすく、無塗装とまったく違った見え方になります。一度塗ってすぐに布でふき取ると木目が透けて見え、ベタ塗りより質感が出ます。

【ラワン】
木肌が粗いので、質感を持たせるデザインにはぴったり。いわゆる年輪の木目と違い、細かい線が浮き出てザラッとした感じに仕上がります。

【シナ】
クリアーを塗ると表面が黄色がかるため、薄いホワイトを塗ると素材のままのきれいな色味に仕上がります。茶などの濃い色は木目が強く出るので、明るい色で木目も活かしてカラフルな仕上げもおすすめ。

【パイン】
小さい材を集成してあるので、濃い色を塗ると素材ごとに濃淡が目立つ感じになります。ホワイトや薄いピンク系のオイルを塗ると、白木のように仕上がります。

 

img01

PLAYWOOD 90
¥800

PLAYWOODのブランドページはこちら