marcs international > FEATURE > もっとPLAYWOOD! 好きなものを作ってみよう

FEATURE

もっとPLAYWOOD! 好きなものを作ってみよう

もっとPLAYWOOD! 好きなものを作ってみよう

前回ご紹介した簡単DIYアイテムPLAYWOOD。おかげさまで多くの反響をいただいております。
今回はもう少し難易度をあげてローテーブルに挑戦! とは言ってもプロの手をお借りして…誰にでも簡単にできるはず!

まずは材料の調達へ。木材はDIYショップやホームセンターなどで購入できます。
初めて足を踏み入れる木材売り場。木材の種類もサイズもこんなにたくさん…何を選んだらいいのやら、この時点でもう心が折れてしまいそう…。でもご安心を! 購入する材料は事前にある程度決めて行けば大丈夫。
まずは木材の種類について。店舗によって品揃えは異なりますが、手に入れやすい代表的な材料についてこちら説明しているので参考にしてみてくださいね
→木材の種類について
そしてサイズ。板のサイズには規格があって、こういった合板は910×1820mmが基本。このサイズのほか、長さが半分の910×910mm、さらに半分の450mmなどで売られていることが多いです。ちなみに木材や図面はcmではなくmmで表記されるので、慣れない人は間違えないように注意!
わからないことや不安ががあれば店員さんに聞いてみましょう! きっと丁寧に教えてくれますよ。
今回は強度があり、表面がさらっとしたシナ合板をチョイス。PLAYWOODは15〜19mmの厚さに対応しているので、15mm厚のものを選びます。(18mm厚でも大丈夫!)

続いて、この板をカットしましょう。しかし初心者にはノコギリを使って板を切るのはなかなかハードルが高いですよね。ここはプロにお任せ! お店で頼んでしまいましょう。可能な加工の種類はそれぞれ異なりますが、ほとんどのホームセンターやDIYショップで木材の直線カットが可能です。

まずは図面を書きます。元の木材のサイズから、どのように切ってもらえば欲しいサイズになるのか…直線カットは板の途中までのカットが出来ないので、悩んだらお店の方に相談してみましょう。今回は直線だけでなく、円カットにも挑戦。(店舗により加工できない場合があります)

図面と板をあわせて加工受付へ。わからないことがあっても細かな部分までお店の方が確認してくれるので心配ご無用です。

加工を待っている間に、塗料を探します。塗料もたくさんあって迷いますが、店員さんにアドバイスをもらって、こちらの黒板塗料とそれに合わせた刷毛を購入!

というわけで、準備した材料はこちら。きれいにカットもでき(してもらい?!)ました!
ムム? 2つ開いたこの穴は?? この穴の正体は後ほどご紹介します。

まずは色を塗っていきますよ。側面を塗らない場合は汚れないようにマスキングテープを貼っておきましょう。

塗料を入れるのに専用の容器も売っていますが、今回は2Lペットボトルの底部分をカットしたもので代用。たびたび使うのでなければこれでも十分です。
ペンキ塗りは広い場所で換気も忘れずに! 新聞紙などを敷いてからどうぞ。
ペンキがドロドロすぎる場合は水を少し入れて薄めます。 (水性ペンキの場合。規定の薄め量を超えないよう注意して
ください。)

ムラにならないように気をつけて、ひたすら塗っていきます。塗る素材にもよりますが、二度塗りするときれいに仕上がりますよ。この塗料は1時間位で乾くということでした。早くて便利便利。

乾くのを待って一休みしたら、養生していたマスキングテープをはがします。そして今回は木口をきれいに見せるために、柄付きのマスキングテープを貼ってみました。マスキングテープの幅と木材の幅がどちらも15mmなので、お手軽DIYできます。

次はいよいよPLAYWOODで組み立てです。前回の特集記事に続き二度目の作業ということで、スタッフの手付きも慣れたもの。あっという間に組立完了です。

そしてついに先ほどの穴の正体が明らかに! 用意したのはまたまた100円ショップで購入したエコプラスチックの植木ポット。これをこの穴にスポッとはめれば…
マスキングテープと合わせて赤のPLAYWOODを使用し、明るく楽しそうなテーブルができました! 黒板塗装なので、チョークで書けば何度も消したり書いたりできます。ペン立て部分はペットボトルを入れてドリンクホルダーにしても。お子様のデスクにしたり、家族で伝言板代わりに使ったり、使い方のアイディアが広がります。穴にはめるものの形を変えればいろんなアレンジができますよ。

今回は東急ハンズ新宿店さんにご協力いただきました。穴をあける加工は行っていないホームセンターも多いのですが、東急ハンズさんでは丸や四角といった単純な形以外にも複雑な形にくりぬいてもらうこともできます。また、ほかにもさまざまな加工をしてもらえるので、初心者にとっては本当に頼りになる存在です。もちろんPLAYWOODも販売していますよ!

東急ハンズ新宿店
https://shinjuku.tokyu-hands.co.jp/

始めてみると意外と簡単なDIY。まずはPLAYWOODを使って始めてみませんか?

Pocket

記事でご紹介したアイテム